いよいよ春 さくら開花

わが社の桜
周りよりも遅く咲き始めるが
ようやく開花した 

DSC01661.JPG

ぶどうも活動をはじめ

DSC01657.JPG

タラノメは食べごろかな 

20220401_110118.jpg20220401_110055.jpg

北海道からやって来た
行者ニンニクも美味しそうだ 

DSC01660.JPG

そしてイチジク

DSC01663.JPG

芽吹いた葉の下を見ると
夏果の子どもが着いている 

20220401_113232.jpg

この時期の毎年欠かせない行事
それは鳥羽までカキを食べに行く事 

冬のイメージがあるカキだけど
シーズン終盤のこの時期は
身が大きいから
あえてこの時期を選んで食べに行く 

そして今年は2回行って来た 

1回目は自分たちで焼いて食べる処

煙モクモクで目が痛いが
それも一つの調味料 

自分たちのペースで
自分たちのアレンジで
自由にカキを楽しんだ 

20220312_104010.jpg20220312_110139.jpg20220312_142849.jpg20220312_115433.jpg

2回目はお店の人が焼いてくれて
ひたすら食べる形態のお店 
カキのわんこ蕎麦のような・・・・・

20220321_105440.jpg

このお店はカキご飯を出してくれるのだが
どうせならと
スペシャルなカキご飯に 
20220321_112213.jpg

そして
冬から春へのバトンタッチの出来事を
体験する事ができた 

ここは1,100円でカキの詰め放題ができるのだが
(これが非常にお得で60個以上入る
20220321_125114.jpg
お店の人が
「たまに不味いカキが入っちゃうんだよね」
と言うではないか

不味いカキってなんだ 

と思って聞いてみると
なんと夏が旬の岩ガキのことだった 

私はマガキと岩ガキの違いが
以前から気になっていて
今日ここで2つを並べて比べられるとは
思っても見なかった

形状的には岩ガキは先端部分の殻にだけヒダが付いていて
マガキはヒダが全体にあるらしいのだが
正直よく分からなかった 

もう少し数を見ないと
私では特定が難しいかな 

20220322_193044.jpg
生の状態だとマガキの方が
身が白くてハリがあり透明感がある。

旬のマガキと
旬前の岩ガキの違いが見た目で分かる

実際に焼いて味比べ

20220322_193012.jpg

20220322_192927.jpg

夏に食べる岩ガキの刺身の
なんとも濃厚でクリーミーなことか。

それがマガキに味で全く敵わないのだ。

改めて旬の食材の素晴らしさを実感できた。



アウローラダイイチは下をクリックしてね
      
http://auroradaiichi.net

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック